【Final Cut Pro】Macから外付けHDDへ移行時のデータ量倍増解消 ライブラリ、元データ保管管理

Mac

どうも、こんにちわ。

これまでFinal Cut Proを使用して動画編集をしてきて問題だったのが作れば作るほどデータ量がどんどん膨れ上がってきてた事。

撮影データ自体もFHD以上の映像も多くなりそもそものデータが大きくなってきている、撮影カメラもメインカメラと自撮りカメラと2台になり360度カメラも導入して撮影に出かけると一回でも膨大な量になってきていました。

貧乏性な性格から元の撮影してきたデータはデータで保存保管していて、Final Cut Proで編集時にはライブラリ内にコピーを作って編集作業をしており、単純にデータ量は「倍」。Final Cut Proでは元データを参照して作業することも出来るのですが、編集、動画書き出し後に保管用HDDにコピー移行してしまうと参照リンクが切れてしまいエラー表示になってしまうので、Final Cut Proに読み込む時はコピーしていました。

その解消方法が今までわからず、調べても理解できずにいました(実際調べて同じように移行してもエラーになってしまう)。

なので、容量倍増はしょうがないと諦めていたのですが、2022年は4TBの外部HDDが1つでは足りなくなって2個目まで購入するハメになり、いよいよヤバいなと思うようになり、なんとかしないと思い試行錯誤の末、今までの問題、疑問を解消することができました。

前置きが長くなってしまいましたが、ポイントはいくつかるのですが、

ポイント

ライブラリと元データは同じフォルダ(※A)に保管管理する
・元データをライブラリに読み込む際はコピーせずに「ファイルをそのままにする」を選択
・ストレージの場所は特に変更なしメディアは「ライブラリ内」(コレは関係ないかもしれませんが)
・作業終了後、外部HDDへ移行する際には元データすべてがある(※A)のフォルダをそのままコピー移行
・外部HDDへ移行したら一度ライブラリを開くと元データとのリンクが切れてエラー表示になるのでファイルの「ファイルを再接続」「オリジナルのメディア」「見つからないファイル」「場所を指定」「ファイルを再接続」で元通りになる

スポンサーリンク(広告)



 

いままで、外付けHDDへ移行した後にファイルの再接続をしてなかったからエラーが表示されたようです。

調べてみても、ライブラリの外部への移行の説明とファイルのリンク切れの対処方法というのが別々に紹介されていて流れで一緒に説明されてなかったので、自分には理解に苦しみました^^;

これで晴れて、データ量倍増から脱出できます。

これまでのデータが減るわけじゃないんですけどね。

カテゴリの最新記事はこちら↓

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

m(_ _)m

=おわり=

コメント

タイトルとURLをコピーしました