【FXDL】福島キャンプツーリング!その1

ツーリング

どうも、こんにちわ。

5月の連休明けの週に福島へキャンプツーリングへ行ってきました。

🔹出発

2019年5月10日(金)

昨年秋に自作したリアキャリアの強度テストも兼ねて、今年はじめてのキャンプツーリング。

リアにホムセン箱を積み上げ走っている姿は、旅してるって感じですよね。

木製なのもあって、重いものを載せて、あの振動があるハーレーで大丈夫なのか心配なのもあり、お試しキャンプツー。

これらの荷物を括り付け出発❗

けっこうな高さΣ(゚Д゚)

そして…重い❗❓

7:30ころ出発。

出発時、ガソリンコックを閉めていたのを忘れていて、あわや出発から大惨事になりそうに…

登校中の子供たちから注目浴びることになり、ハズカシー💦

 

🔹喜多方へ

福島へは下道での予定。

鶴岡から国道112号線で月山を越えて、国道287号線で南下し米沢へ。

途中の「道の駅白鷹 ヤナ公園 あゆ茶屋」にて休憩。

ヤナ場を眺めて名物の鮎の塩焼きをパクリ^^

ここでハッと気づいた❗️

ホムセン箱にステッカー貼ってなかった💧

皆さんから頂いたステッカー貼ろうと思ってたんだった。。。

まずは自分のだけでも。

 

米沢からは観光ロード「西吾妻スカイバレー」は通らずに国道121号線で喜多方へ。

帰り道にとっておきます。

何気に山形脱出が3時間以上もかかってた。。。

米沢遠いな…

当初はキャンプ地にテントを張ってから喜多方へ昼飯食べに行こうと考えていたのですが、思いのほか時間がかかり、テント設置は後回しにして米沢からまっすぐに喜多方へ行ったのでした。

 

🔹喜多方ラーメン「まこと食堂」

喜多方で有名なラーメン屋さんに「坂内食堂」もありますが、こちら「まこと食堂」も有名で、なんでも喜多方ラーメンを初めて全国へ広めたところらしいです。

街中にあり、駐車場があるのですがすぐにいっぱいになるようで、市営駐車場の案内看板も出ていました。

ちょうど12時ころに到着したのですが、駐車場が満杯。

どうしようか、迷っているうちに出ていく車が⁉️

ラッキーってことで、お店のすぐ前の駐車場に駐めることが出来ました。

いつも混んでいるから待ち時間覚悟で来たけど、すんなりと入れた。

入り口が2つ⁉️

どういうこと❓

って思いましたが、左の暖簾をくぐり入って行くと、テーブル席。

一つだけ空いていたテーブルに座り、メニューを確認。

ここはせっかくなので、「大盛り中華そば」で。

カツ丼とかもあって、ラーメン屋っていうよりたしかに「食堂」

しばらく待っていると、続々とお客さんたちが来ましたが、お隣へ通されているようです。

隣の入り口からはいると座敷があるようですね。

少し待って、来ました

なぜか皆さんのテーブルにもありましたが、レンゲと空のどんぶりが配られてました⁉️

レンゲはわかるとして、どんぶりは小分けの皿?なのか。

それはそれとして、いただきまーす。

透明色の醤油スープ。

柔らかい昔ながらの雰囲気を持ったスープですね。

麺は平たい感じの中太麺。

さいごにどんぶりに「当たり」が付いていると景品がもらえるようですよ。

自分のにはなかったです(T_T)

お腹いっぱいに頂き、ごちそうさまでした。

はじめ来たときはどこにも「まこと食堂」の文字看板がなかったので、すごく不安でしたが、調べてみるとこちらの漢字で「満古登」と書いて「まこと」と読むそうです。

こちらに詳しく書いてあったので参考にどうぞ。

 

🔹道の駅 裏磐梯

「まこと食堂」をあとに今日のキャンプ地へ向けて出発。

キャンプ予定地は裏磐梯桧原湖周辺のキャンプ場。

そのちょっと手前の「道の駅 裏磐梯」に寄ってみました。

実は今日のキャンプ地へは事前連絡してなかったので、ここで確認。

電話をかけるが…つながらない。。。

しょうがないのでとりあえず行くだけ行ってみることに。

そのまえに、ツーリングのお供を。

ちょっと珍しいのがあったので、チョイス。

「わさび」「どんぐり」

こういったところのソフトクリームはだいたい変わっていても、無難な美味しい味わいに仕上げるのですが、この「わさび」はけっこうつーーーんとくる、まさしく「わさび」でした🤣

ぜひご賞味を。

こういった振り切った味わいがいいな。

「どんぐり」はコクのある感じの味わい、で普通に良かったと思います。

道の駅裏磐梯、ここに来たらわさびソフト食べてもらいたいなぁ。

ジェラートでした(^^;;

ま、一括りにソフトクリームで❗️

m(_ _)m

 

🔹キャンプ地へ

予定していたキャンプ地は桧原湖湖畔にあるキャンプ場。

キャンプ場に着くと管理人らしきおばちゃんと常連客のようなおじちゃんが桜の木の下で話込んでいました。

キャンプ泊をしたいと管理人らしきおばちゃんに話すとあんまりいい顔をしない…。

身内向けな感じで開いていたキャンプ場らしく、広くもないのであまり大勢に来られても困るとか。

あまり知られたくもないのだそうです。

色々と話して管理人さんの気持ちを汲んで、場所の公開はしないことにします。

すみません。

m(_ _)m

磐梯山を望む絶景が見られるロケーションは最高なところ。

到着した時は誰も居ず、貸し切り状態。

一番眺めが良いところへ場所取り。

今回キャンプツーにしたのには自作のリアキャリアの試運転ともう一つ、急遽タープを購入したので試したくなったのもあります。

初めてのタープ設置。

YouTubeで事前に勉強してたはずでしたが…

⁉️❓❓❓

って感じになったにで再確認してみましたが、風に煽られ倒されまくり💦

なんで初めての時なのにこんなに試練なのだーーー

それでもなんとか設置できた😆👍

タープの下にテントを張り、椅子を組み立てとりあえずひと休憩。

少しの間磐梯山を眺めながらまったりとした時間を過ごしました。

 

🔹ゆったりとした夕方

夕食の買い出しついでに、温泉へ。

桧原湖北西部にある大衆浴場へ。

「桧原ふれあい温泉 湖望大衆浴場」ってあったから桧原湖を眺めながら浸かれるのかなと思っていたけど、見えるには見えるんだけど。。。

そんなに大きな温泉ではないですね。

内湯のみで湯船は3人でいっぱいかなってくらい。

桧原湖から道路ひとつ隔てた位置で立ち上がると桧原湖が見える感じです。

大衆浴場ってところでした^_^;

HPより

桧原湖を時計回りに一周して、買い出しは五色沼近くのコンビニで。

キャンプですが、夕食は自炊なしで出来上がり品のみ。

夕焼けの磐梯山を眺めながら🍺

福島だけど北海道❗️

景色はいいけど、虫がすごい><

まだ日が暮れないうちからカシュっと、桧原湖、磐梯山を眺めつつゆったりと時間を過ごすことができました。

 

🔹さいごに

いつもキャンプツーとなると、目一杯走ってから暗くなる頃に設置というのが多くて、ゆっくりとキャンプ地の景色を眺めるってことがなかったのですが、遠くに行かずともこのくらいの距離で走り、ゆったりと贅沢な時間を過ごすのもアリだなって感じましたね。

日が暮れて暗くなるまで、絶景を眺めつつ就寝💤

日が暮れてくると気温もグッと下がって寒くなってきました。

ホッカイロを一応持ってきていて良かった~。

背中とお腹に貼って就寝です。

寒いよ~寒いよ~

安物のシュラフだから全然あったかくない🥶

寝れない夜が続くのでした。。。。


今回のおすすめ

道の駅 白鷹 ヤナ公園 あゆ茶屋

まこと食堂

道の駅 裏磐梯

大衆浴場 湖望


さいごまでお読み頂きありがとうございます。

m(_ _)m

=つづく=


コメント

タイトルとURLをコピーしました