NHK解約

日常

どうも、こんにちわ。

今回の引越しついでにNHKを解約しました。

自分自身にとって、NHK自体の存在意義は「ゼロ」なのですが、これまで支払ってきたのは地上波のTV番組を見る(録画)ために支払ってきました。

地上波TV番組を見るのにはお金はかからないのですが、NHKだけが映らないテレビというのは現状一般的家電店には無くなかなか手に入らない。しかもそういったチューナーというのもあるらしいのですが何やらゴタゴタしているようですよね。

電波関係に詳しい訳じゃないのですが、電波を利用した携帯通信キャリアやサブスクなど多くの選択支がある中で地上波TVだけはすべて一括りで、見れる番組放送局を選択することができないうえ、一番の厄介なNHKを除外することができない。ということは地上波TVが映るTV、レコーダーを購入するとセットでNHK受信料が発生する。しかも最近はBSもセットされているので、アパートによってはBSアンテナを設置しているアパートだと支払いがグッと上がってしまう。見もしないものに毎月数千円、年間数万円も払わなきゃならないのは無駄と思うのは私だけでしょうか。

NHK地上契約(年間約14,000円前後)
NHK衛生契約(年間約24,000円前後)

各TV製造メーカーもなぜ選択できるチューナーを製造しないのか疑問。

で、趣味や生活環境が変わりゆく自分の生活でTVを見るという機会が少なくなってきたタイミングで、思い切ってチューナー付きアイテムを削除しました。

で、NHK解約にあたって電話で連絡

NHKふれあいセンター(営業) フリーダイヤル:0120-151515
                ナビダイヤル:0570-077-077

電話で解約の申込→一週間ほどで解約の書類が届く→返送
(年払いの場合、タイミングによっては返金されるので振込先の口座を電話で解約申込の際に聞かれるようです)

という流れでした。

送られてきた解約届

電話だけでは解約できないし、時間もかかる(相変わらずこの手のサービスセンターは電話繋がるまで長いです)。
引越しのタイミングで手続きを開始するとシビアな感じです。
期間が間に合わないようでしたら引越し後に手続きをするか、解約申込の電話で引越しの旨を伝えると新しい住所も聞かれたので対応していただけるようです。

しかも、受信機器を処分した証拠が欲しいということで売却なり、処分なりの領収書、レシートを保管しておき解約の書類と一緒にコピーを返送する必要があるようでした。無い場合は電話でどこどこで売却、処分したと報告だけでいいのか?
私の場合は解約手続きの流れを知りたくて受信機器を処分する前に電話で聞いていたので処分した時のレシートを無くさずに持っていましたが、そんなレシートなんてほとんどの人はすぐに無くすと思うのですが…

NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約

頻繁に多くの番組を見るのでなければ「TVer」という選択肢もあるので必要十分な気がしますね。

TVer(ティーバー)|見逃し無料配信中!ドラマ、バラエティ、アニメの人気番組が動画見放題で楽しめる
TVer(ティーバー)は国内最大級の見逃し無料配信動画サービスです。ドラマ、バラエティ、アニメ、報道・ドキュメンタリー、スポーツなど人気番組を毎週750番組以上見放題!放送中の最新作からオリジナル番組まで幅広いラインナップをお届け。

カテゴリの最新記事はこちら↓

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

m(_ _)m

=おわり=

コメント

タイトルとURLをコピーしました